後縦靱帯骨化症とうまく付き合って生活を送ろう

腫瘍の治療

胸腺腫瘍について

胸腺腫瘍は大人になると退化する胸腺細胞にできる腫瘍で胸腺腫瘍の増殖は比較的穏やかで、胸腺膜外にまで浸潤することは珍しいと言えますが、肺や胸腔内に広がる場合もあり、そうなると咳や血痰、呼吸困難などの症状が出ることもあります。 治療は、腫瘍の進行程度によって異なりますが、手術や放射線療法、抗がん剤による化学療法やホルモン療法などがあります。 また、胸腺腫瘍は手術の後に放射線と抗がん剤の併用療法や手術と抗がん剤との併用療法、抗がん剤のみの多剤併用療法など効果による組み合わせを考えて治療するときもあります。胸腺腫瘍は40歳〜70歳に多く見られる病気で、子供や青年では羅漢率はまれです。男女による差はほとんどないと言えるでしょう。

胸腺腫瘍の治療方法は医師と相談して決めよう

胸骨の中、心臓の付近に胸腺とよばれるものがあります。この胸腺は、子供の頃の免疫機能に関わる働きをしており、大人になると活動を停止する臓器です。この胸腺に、腫瘍が発生することがあります。これを胸腺腫瘍といいます。 胸腺腫瘍は、あまりみられない珍しい病気です。初期の頃は自覚症状が乏しく、胸腺腫瘍が発生していても気づかないことが多いのですが、病気が進行してくると、咳や胸の痛み、呼吸困難などが現れます。胸腺腫瘍は癌である場合もあるため、病気に気づいた際にはすぐに治療しなければなりません。 胸腺腫瘍の治療には、手術や放射線治療、化学療法、ホルモン療法などが行われます。これらの治療方法は、病院へ行って医師としっかりと相談してからどれを行うか決めると良いでしょう。

↑ PAGE TOP