後縦靱帯骨化症とうまく付き合って生活を送ろう

特殊な手術方法

脳動静脈奇形の治療ではガンマナイフが活躍しています

脳動静脈奇形の治療で現在広く使用されているのが、ガンマナイフです。放射線を特定部位に集中して照射出来ることから、脳動静脈奇形の病変部をダイレクトに治療することが可能になります。このガンマナイフを行なうためには特殊な設備が必要になり、現在日本でもこうした設備を設ける医療機関が増えているのです。脳動静脈奇形と診断されガンマナイフでの治療を希望する場合には、担当の医師にその旨を告げて専門の医療機関を紹介してもらうのがスムーズなやり方です。検査データも活用することが出来るため、より円滑な治療が可能となります。最近では、ガンマナイフ治療を行なっている医療機関の情報を、インターネットのサイトを通しても知ることが可能です。

体へのダメージや合併症を避けたい場合には特に有効な治療法となります

ガンマナイフの特徴は、開頭手術が必要なく入院期間も極めて短縮出来るという点にあります。そのため、手術による体への影響や合併症などを心配される方にとっては特に有効な治療法となるのです。又、手術が難しい脳動静脈奇形の場合にもガンマナイフは役立つ治療法になります。ガンマナイフを用いれば、手術では危険が伴う場所に生じている脳動静脈奇形の場合にも、より安全に治療を行なうことが可能となるのです。脳動静脈奇形では、時に早急な治療が必要となるケースもあります。このような場合には、手術の方が適していることもあり、治療法を選択する際には医師と良く相談をすることが大切になるのです。ガンマナイフは、より幅広い治療の選択肢を求める方にとっては特に希望の持てる治療法と言えます。

↑ PAGE TOP