後縦靱帯骨化症とうまく付き合って生活を送ろう

コンテンツ

痺れの症状がある

後縦靱帯骨化症の主な症状は患部の痺れが挙げられます。感じることが多くなったら、病院のレントゲン検査を通して判断を行ってもらいましょう、また、日本人に多い症状として深刻化されています。

詳細を読む

腫瘍の治療

胸腺腫瘍の進行度は緩やかですが、胸腔内に浸潤することもあり、重篤な症状が出る場合があります。治療方法は化学療法やホルモン療法といった方法、外科手術による方法があります。

詳細を読む

病気と生活

厚生労働省の難病に指定されている疾患の一つです。

後縦靱帯骨化症とは脊椎の構成要素である椎体の後方にある後縦靱帯という部分が、骨化して分厚く硬くなることで脊髄を圧迫する病気のことです。日本では男性が約4%、女性では約2%の人がかかる病気で、患者が少ないことから症例があまりなく、後縦靱帯骨化症と診断されない場合も少なくありません。また手術治療を行ってもなかなか完治することが難しいことから、厚生労働省の難病に指定されている疾患の一つでもあります。後縦靱帯骨化症の症状としては神経の圧迫による知覚障害や両足の痛みやしびれ、筋力低下などが起こります。この病気は難病ではありますが、早期発見することで完治する可能性も高くなります。現在では後縦靱帯骨化症を早期に発見するために、整形外科ではレントゲンとMRI・CTなどが行われています。

後縦靱帯骨化症の早期発見と治療法について。

また後縦靱帯骨化症は特徴的な症状でも診断されます。まず突然の疼痛が起こり、その後疼痛が速やかに軽減するかまたは完全に痛みがなくなるかが特徴的な症状です。このような症状が現れた場合は、すぐに治療せずに経過を見るため安静にする療法が行われます。そして鎮痛剤や傷ついた神経を修復させるメチコバールやビタミンB12などの神経再生薬による投薬治療が行われます。さらに神経の圧迫を除去するための手術が行われ、その後は筋力低下を改善するためのリハビリが行われていきます。ところで投薬治療やリハビリなどは整形外科クリニックでも行われますが、MRIや手術を行う場合は総合病院の整形外科など大きな医療施設で行われることが一般的です。後縦靱帯骨化症はリハビリを行うなど治療に時間がかかりますが、早期発見により進行を止めたり症状を改善することが可能な病気です。

特殊な手術方法

脳動静脈奇形を改善するには、ガンマナイフを用いた手術が効果的であると言えます。また、専門の医療機関に通う必要があるので、これらに対応した病院探しや、評判の確認が必要になります。

詳細を読む

乳房をつくる

乳がんによって乳房を切除されたというパターンは多くあります。また、自信をなくしてしまう女性が多いことから、最近では乳房再建治療が、多くの病院で取り入れるようになりました。

詳細を読む

↑ PAGE TOP